第30期定期総会が開催されました。

3月25日(水)第30期定期総会が開催されました。今期は当工業会設立30周年の記念の期にあたり、記念事業として総会に先立ち大谷昭宏氏をお招きし記念講演会を開催しました。
総会は多数の会員の出席もあり、席上理事長より「建技評から33年が経ち、その後各社が技術審査証明を取得、建技評の時代とは比べ物にならないほど高度な技術と施工品質が実現している。施工実績も着実に伸びを見せており、今年度もインフラの長寿命化などを含めて管更生工法の活躍の場は多くなるだろう」と今後を期待する挨拶がありました。議案審議も滞りなく進み全ての議案が可決されました。
終了後の懇親会においても、会員相互間の和気あいあいとした歓談、情報交換があり盛大に開催されました。