ライニング工程

更生工法TOP    更生工法の特徴    研磨工程

概要

ライニング工程とは、二液性エポキシン樹脂塗料を環状流によってパイプ内に塗付させていくものです。
塗料は環状流となりパイプ内に塗付しながら進んで行き塗膜が均一に形成されます。
塗膜の厚さは0.3~1.0mmで、空気流の速度と塗料の注入量によって調整します。

ライニングの原理