経年により劣化した管更生工事用無溶剤型二液性エポキシ樹脂塗料の安全性について

管更生工事用無溶剤型二液性エポキシ樹脂塗料で管更生ライニング施工後、10年以上経年した給水管の塗膜の極表層に白化、粉状化等の劣化現象がみられる場合があり、この劣化現象の原因は、白化等の状況からみて水道水の塩素の影響によるものと想定できます。
このような経年による劣化した管更生工事用無溶剤型二液性エポキシ樹脂塗料の安全性を確認するために水道水中の塩素による劣化を想定し、促進試験により強制的に塗膜表面を劣化させたものをテストピースとして水質試験を行いました。

なお、劣化促進試験の条件は塗膜表面が充分に劣化すると判断できた“40℃で1000PPmの次亜塩素酸ナトリウム水溶液中に14日間浸漬”とし、水質試験の項目としては、水道水の基準である厚生労働省(旧厚生省令15号)43項目およびそれ以外で可能性のある4項目(ヒドラジン、アクリル酸、残留塩素の減量およびビスフェノールA)としました。 以上の条件で、現在、管更生ライニング工事に使用されています当工業会塗料メーカーの二液型エポキシ樹脂塗料について、公的機関にて水質試験を行いました。

得られた試験結果は、すべての試験項目で規格値に合格するかまたは検出限界以下であり、たとえ塗膜が劣化していても水質に影響を与えないことが確認できました。 また、当工業会塗料メーカーの塗料(硬化物)の組成は下表のとおりです。

当工業会塗料メーカーの塗料
(硬化物)重量%
一 般 名
エポキシ樹脂硬化物 60~70
着 色 顔 料 5~20 酸化チタン
酸化鉄銅フタロシアニン
体 質 顔 料 10~30 タルク
炭酸カルシウム
硫酸バリウム
添加剤 0.1~1.0 シリカ

この中でエポキシ樹脂硬化物は不溶不融の高分子化合物で経口摂取しても生体蓄積性が低く体内から速やかに排泄されます。その他の着色顔料以下の中にも毒性が問題となるようなものはありません。塗膜表面の粉状化物が離脱し水に混ざるのは高圧洗浄時等の強い力が加わったときだけと考えられますが、万が一通常の使用時にこれらの劣化塗膜表面の粉状化物が微量水に混ざり、それを経口摂取したとしても健康に悪影響を及ぼすことはありません。